兵庫 ”MADE IN 中島石材店”の石屋さん 雄大のBlog Viva My Jinsei‼︎

兵庫県の但馬北部 香美町という町のちっさな石屋さんです。 自分たちの手で創ることをモットーにMade in 中島石材店な石製品、墓石を日々、生み続けています。 そんな中島石材店の若い衆 雄大のブログです♪ 石とチワワと甘いスイーツが好きです(^з^)-☆

外の釜の飯を食べて来なさい

今日はお墓の据え付け作業で、現場に出ていました。

”お彼岸までに”のお仕事を頂いているので

親方と2人で一生懸命、作業中です。

海が目の前の現場で、潮の香りぷんぷんです。

これってなかなか味わえない事なのかもしれません。

中島石材店 若い衆の雄大です。

f:id:nakashima1483:20160915224547j:image

昨日の続きを書こうと思います。

石屋さんになりたいことを親に伝えた僕ですが、

「分かった」とだけ言われて

それ以降、時間だけが過ぎました。

なにか行動しないとダメだったのかもしれませんが、僕にはなにもできませんでした、、、というか、どうすればいいのか分からなかった(笑)という方が正しいかもしれません。

このまま、何事もなく卒業して

普通に何事もなかったかのように実家に住んで、何気なく自営業を営むのかな〜

とか思ったりもしました。

 

・突然、僕の進路を告げられた。

 

そんなこんなで

どうしたらいいかも分からないまま

学校生活を送っていた僕ですが

突然、父親に進路の話を持ち出されます。

 

「愛知県の岡崎市に行って来い。そこの石屋さんで5年間、修行してきなさい。もう彼方に話はしてある。秋に挨拶に行くから」

 

「・・・??!!?!?」

 

もう何が何だか分からなかったです。

とりあえず、僕に選択の余地はなく、その言葉をそのまま吞み込む事しかできませんでした。

当時は、よく分からないまま頷いた僕でしたが、

今思うと

僕に進路を与えてくれていたんですね。

「全部、準備してくれていたんだ」

かなり素直に感謝しています。

そこから僕はお世話になる会社の名前を聞いて

パソコンで調べまくりました。

お墓メインで商売をする家に居たからなのか、なんだか当時僕のイメージする”石屋さん”とは

かなりかけ離れた会社でお墓はもちろん、庭灯篭、石材建築、彫刻、モニュメント、記念碑etc

 

極め付けは、会社のHPにでっかい文字で

『石のことならなんでもござれ』

 

正直、ビビりました。

でもその中で僅かではありますが

”頑張ろう”という気持ちや期待の気持ちも混ざっていました。

 

そして、調べ物をする中で気になった

もう一つの事。

 

技能五輪

 

五輪?!オリンピック?大会?

 

クエスチョンマークだらけのワードでしたが

この技能五輪という大会が

僕の修行人生でとても大きな存在感を放つこととなりました。

技能五輪のことについてはまた書きたいと思います!

 

そんなこんなで笑

無事に高校を卒業した僕は、

愛知県の岡崎市という石屋町へ修行生として、

お世話になる事に。

 

結局、レールを敷いてもらって僕はその上を走るのか、とも思いました。(昨日の記事に引き続き、まだ言ってんのかよ!笑)

でも、走るということに自分の意志があった、という事は間違いないんです。

高校進学、部活等

”なんとなく”で進んできた僕の人生初めての

決断でした。

 

修行に行くという事。

外の釜の飯を食べて来なさい。

今でもよく考えますが、綺麗な自分の中での答えはまだ見つかりません。

だけど、一つ明確な事は修行先の事業所、親方、両親に感謝しているということです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

f:id:nakashima1483:20160915224502j:image